電子書籍Kindle Paperwhiteを使ってみてメリット・デメリット

電子書籍Kindle Paperwhiteを実際に使ってみました。メリット・デメリットを伝えて、購入を検討されている方などの参考になれたらいいなと思います。

目次

メリット

保管場所に困らない

本を定期的に買っていると保管場所に困ることがあると思います。
でも電子書籍Kindle Paperwhiteなら何冊もの本のデータが入るので保管場所に困りません。
今まで本を保管してた場所を有効活用することができます。

持ち運びに便利

電子書籍Kindle Paperwhiteは横167 mm x 縦116 mm x 厚さ8.18 mmとてもコンパクトなのでとても運びやすいです。
服にもよりますがポケットに入れることもできたりします。
複数の本を持ち歩くには収納スペース、重量がでるので持ち運びが大変なのですが、電子書籍Kindle Paperwhiteならこの一つで解決できます。

実際の本のような見やすさ

スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすフロントライト搭載をしているので目が疲れにくいです。
なのでついつい長時間本を読んでしまうということがあります。

わからない漢字や意味をすぐに調べられる

読書をしているとわからない漢字や意味があると思います。
そうゆう時は調べたい漢字を長押しをすると辞書が開いてくれるのでスムーズに調べて読書ができます。

文字の大きさが変えられる

本によっては文字が小さくて読みづらい。
そのせいで目が疲れてしますというループになってしまいますが電子書籍Kindle Paperwhiteなら自分好みの文字の大きさにできるので読みやすいです。

防水なので水に安心

電子書籍Kindle Paperwhiteは防水機能搭載(IPX8等級)になるので水を気にしなくて大丈夫です。
本だと水を気にしないといけませんよね。飲み物をこぼしてしまったり、本が濡れて破けたりするトラブルが発生したりすることがあると思います。
でもIPX8等級という防水性能があるのでその心配はありません。

デメリット

反応が鈍い

スマホの動作スピードに慣れていますと電子書籍Kindle Paperwhiteの動作スピードが鈍く感じてしまします。
最初のうちは違和感があるとおもいますが慣れれば問題ないです。

画面が白黒

画面が白黒なので色付きの本だと色がわからなくなります。

まとめ

メリット

・保管場所に困らない

・持ち運びに便利

・実際の本のような見やすさ

・わからない漢字や意味をすぐに調べられる

・文字の大きさが変えられる

・防水なので水に安心

デメリット

・反応が鈍い

・画面が白黒

本をたくさん買って、読んだりする人は電子書籍があると便利です。
またメリットが沢山あるので一度使ってみるといいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次